ごあいさつ

DSC_7216a(yokomuki2) (2).jpg

 

当事務所ホームページにお越しいただきありがとうございます。行政書士の大森範子です。

  近年、食中毒菌を原因とする事故に加え、ノロウイルス等の感染力の強いウイルスによる食中毒が一年を通して多発しています。そのような状況の中で一般の方々の衛生に対する意識も向上し、衛生管理は、大企業だけでなく中小あるいは新規参入事業者にも当然に期待されるものになっています。

 当事務所では、病院・介護施設の衛生監査の経験を生かし、食品衛生自主管理認証取得及び各種食品関連許認可に関するご相談から衛生指導・各種講習まで、幅広く皆様の業務をサポートさせていただきます。当事務所のサービスが御社の益々のご発展にお役に立てることを願っております。

 

<プロフィール>

昭和55年 法学部を卒業後、害保険会社子会社に入社。 住宅ローン保証保険引受審査及び

               不動産の担保管理業務に従事。 平成6年、出産により退社。

平成 9年 調理専門学校に入学し、3年間専門料理を学ぶ。

        1年:日本料理、2年:フランス料理・イタリア料理、3年:製菓・製パン

平成16年 短大に社会人入学。食物栄養学について学ぶ。

平成18年 都内病院に栄養士として勤務。

平成19年 大手給食受託会社に入社。本社衛生部門にて特別養護老人ホームや 大手企業の社員食堂等、

        毎月50事業所の衛生指導にあたる。

平成20年 行政書士登録後、給食受託会社を退社。現在に至る。

 

 

▲このページのトップに戻る