衛生点検

11.21tennkennhoukoku155(2).jpg衛生点検は、日頃の衛生管理と従業員教育の成果を確認する良い機会となります。定期的(通常2〜4か月毎)に実施することにより不適箇所の指摘や改善の確認などを行うことができ、また、定期的な訪問による適度な緊張感も、日々の業務の中で薄れがちな衛生への意識を持続する上で効果的です

 ■介護施設等、給食事業者に委託している施設の方

通常、大手給食事業者では内部監査として定期的に実施していますが、施設としても衛生管理状態の把握が必要と思われる場合にご利用ください。

 ■給食受託会社の方

定期点検のための人員が配置できない事業者の方におすすめします。

 

<点検項目>

一般的衛生事項として、厚生労働省「大量調理施設衛生管理マニュアル」の内容に沿って以下の項目について点検いたします。    

  1.個人衛生 

  2.食品の取扱い

  3.調理器具の衛生

  4.施設設備の衛生

  5.衛生書類

※点検日時については、業務に支障のない時間帯を事前に連絡いただきます。 点検に要する時間は、厨房の面積にもよりますが通常40分程度です。 

 

<点検報告>

 点検の結果は、指摘箇所の写真を添付して報告書を作成いたします。

※2回目以降の点検結果は、前回の結果と比較した写真とともに報告させていただきます。

 

 

衛生講習

11.11.29eiseikousyu155.jpg 一般的衛生管理について、実例や統計資料等をもとに講習いたします。

<実施例>〜食品衛生の基礎知識〜(2ヶ月毎、各回30分)

4月   

『従事者の衛生管理』

・健康管理

・手洗いの重要性 他

6月

『食品の衛生管理』

・原材料の検収

・原材料の保存 他

8月

『食品の衛生管理』

・食材料の取扱い

・加熱調理の温度管理 他

10月

『ノロウイルス対策1』

・ノロウイルスによる食中毒の特徴

・効果的な予防方法 他

12月

『ノロウイルス対策2』

・体調管理と迅速な連絡の重要性

・嘔吐物処理の方法 他

2月

『器具・容器・食器類の衛生管理』

・消毒液の作り方

・機械・器具類の取扱い 他

※内容や時間については、従事者の習熟度やご要望によりご相談に応じます。

 

 

栄養士研修

 新人栄養士の基礎研修やフォローアップ研修にご活用ください。

<実施例>〜献立作成についての基本を学ぶ〜(各回90分)

第1回

『献立作成についての基礎知識』

・食事摂取基準2010とは

・荷重平均栄養摂取基準の求め方 他

第2回

『高齢者施設に適した献立とは』

・ソフト食について

・行事食について 他

第3回

『治療食の提供について』

・治療食提供上の注意点

・薬と食品の相互作用について 他

第4回

『献立作成演習』

・個別対応について(事例)

・個別対応について(献立作成)

研修の内容・時間については、養士の経験等によりご相談に応じます。

 

 

▲このページのトップに戻る