3.清掃用具の管理

清掃道具が作業所や食品や身体に触れるような場所にあると、二次汚染や異物混入の危険があります。適切な保管場所を定めて保管します。

1.マニュアルに定める内容

(1)責任者

 責任者(役職または個人名)を定めます。

(2)衛生管理の目的

 「清掃道具からの二次汚染による食中毒と異物混入を防止する」(記載例より)

(3)清掃用具の保管場所

@清掃用具 Aたわし Bスポンジの「用途別表示方法」と「保管場所」を定めます。

→マニュアル記載例はこちら

 

▲このページのトップに戻る